BABY-G Presents Girl's PARTY!

PRODUCTS

BABY-G GALLERY Vol.13
@Maybe! museum

Maybe! 美術館へようこそ

夏がだんだん近づくと、やっぱり海へ行きたくなる。
今回はそんな気分にぴったりのウオッチと、
SNSで大人気の歌人&イラストレーターのコンビがコラボレーション!
BABY-Gが刻む1分間の、ちょっと切ないショートトリップをお届けします。

第13弾も、小学館の雑誌「雑誌Maybe!」とのコラボレーション企画!

One Minute Horizon

短歌:岡野大嗣

絵:安福望

バカンスの夢 文字板に長針が背すじをただす1分間にあやとりの最後をかざすようにして車窓に海がひろがってゆくおばさんのような水着を着た祖父がセピアの浜を駆けている夏シロップのかけほうだいを真っ黒にして海に青色をかぞえるさらわれるたびつけなおす足跡の水平線へ着くための数問

『One Minute Horizon』
(歌人・岡野大嗣、イラストレーター・安福望 作)

手首のBABY-Gにひたいを寄せて、ちょっとうたたねしていたら、はっと気がつくと、ちょうど文字板に短針と長針が一直線に重なるときだった。そのときみていた夢は、まるで1分間だけのバカンスのよう・・・。
短歌とイラストのコラボレーション『One Minute Horizon』は、こんなイメージから生まれたそう。
一瞬だけ見た夢の、多幸感だけがじんわり残っている、そんな余韻を味わってください。

PAGE TOP

モデルになったのはコレ

夏の海が見せる様々なカラーをイメージした「Jelly Marine(ジェリー・マリーン)」は、10気圧防水だからビーチシーンでも大活躍。透き通った海を切り取ったようなクリアブルーは、腕を涼しげに彩ります。この夏のステディに決定!

PAGE TOP

岡野大嗣 daiji okano

歌人。歌集『サイレンと犀』が発売中。「サイレンと犀」ツイッターアカウント(@silentsigh1412)でも作品を発表している。ご本人のツイッターアカウントは@kanatsumu

安福望 nozomi yasufuku

イラストレーター。短歌が好きで一日一枚短歌の絵を描いている。『食器と食パンとペン わたしの好きな短歌』、柳本々々との共著『きょうごめん行けないんだ』が発売中。ツイッターアカウントは@syokupantopen

PAGE TOP

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

最近チェックした製品