BABY-G Presents Girl's PARTY!

LIFE STYLE

Maybe!×BABY-G タイアップ企画

いまMaybe!が注目している女性クリエイターにお話を聞く、インタビュー企画。憧れのクリエイターが自身のお気に入りのBABY-Gとともに登場し、過去・現在・未来の制作活動について語ります!

With BABY-G
Vol.13 発明家・YouTuber
藤原麻里菜さん

「無駄づくり」を通して
みんなにゆるっと笑ってもらいたい

藤原麻里菜さん紹介

1993年生まれ、横浜市戸塚区出身。2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。現在、チャンネル登録者数は4万人を超え、総再生回数は700万回以上になり、テレビを始めとする様々なメディアに取り上げられている。2016年には、Google社が主催しているYouTubeNextUpに入賞する。また、アドテック東京2016にスピーカーとして登壇した。
BLOG

PAGE TOP

物作りが好きな子供時代。高校卒業後はお笑い芸人を目指しNSCへ入所

もともと物を作るのが好きな子供だったのですが、小学校の時に初めてパソコンを買ってもらって、インターネットを始めたことが今の仕事をするきっかけになっていると思います。その時に見ていたサイトのひねくれた感覚がすごく好きで。今お仕事をさせていただいているデイリーポータルZのような、面白いネタばっかり集めたポータルサイトも当時から大好きでよく見ていました。他にも、明和電気さんのような自分たちで面白いガジェットを作って発信しているアートユニットも、インターネットを通して知りました。そういった物づくりに影響を受け、2013年に「無駄づくり」という企画を考えて始めようと思いました。
とはいえ、私は理系の専門的な勉強をしていたわけでもなくって。作るということには興味があったので美術系の大学に進学しようと思っていたのですが、高校を卒業する頃にはそれ以上に面白いことをやりたいという気持ちが強く、単純なので「じゃあお笑い芸人になろう」と思い、高校卒業後すぐに吉本興業のNSCという養成所に入りました。NSCを卒業した後は舞台に立って、ピン芸人みたいなこともやっていたのですが全然ダメで。そんな時、事務所から「YouTubeで好きなことをやってみたら」と言われて、じゃあ無駄なものを作る企画をやりたいですと。それでYouTube上で「無駄づくり」というチャンネルを始めました。

PAGE TOP

「無駄づくり」だからこそ、みんな笑って受け入れてくれる

一番初めに作ったのは、テーブルの端にある醤油をとってくれるピタゴラスイッチみたいな機械。そういうゆるい発明品を当時から作っていました。最初に反響があったのは歩けば歩くほど胸が大きくなる発明です。これを無駄づくりチャンネルで発表したところ、100万回以上再生してもらえました。それとは別に自分でブログもやっていたので、発明品の作る過程などを書いた記事にも反響をいただくようになりました。無駄づくりで作るものには特にメッセージ性を込めている訳ではないのですが、ただ笑ってくれる人や「まるでゴダールの映画のようだ」と言ってくれる人や「これって○○へのアンチテーゼですよね」と自己解釈してくれる人など、様々な反応があって面白いなあと思います。個人的に、インターネットで自分の意見を言うのって、めちゃめちゃ怖いと思っています。極端なことを言うと、すぐに反対派の人からバッシングされてしまうのではないかなと。でも「無駄づくり」とネーミングしてゆるく発表すると、ありがたいことに、みんな笑って受け入れてくれるなというのを感じます。

PAGE TOP

今の目標は、専門的な「勉強」をして自分の作品を作ること

普通に生活している中で、漠然と「やだなあ」と思うことってみんなあると思います。私の場合、それをずっと抱えていると「こうしたらいいんじゃん!」とひらめいて、それが無駄づくりの企画につながることが多いです。アニメや漫画、映画が好きなので、「パンをくわえて走っていたら、彼とぶつかって恋が始まる」というようなベタなシナリオから着想を得ることもあります。「ぶつかる確率が上がるパン」というのを作りました。
NSCを卒業して、何の知識もないまま、最初はダンボールと絵の具だけを使って作品づくりをしていました。最近は電子工作も徐々にできるようになってきたのですが、学校に通うなどして、ちゃんと基礎から勉強したいと思っています。今は短期間でキャッチーなものを作ることが多くて。こういうのもスピード感があって好きなんですけど、もっと時間をかけて自分の作品と言えるものを作ることが目標です。

PAGE TOP

これからやってみたいこと

最近、映像を作るのがとても楽しくて。今はモキュメンタリー(注:架空の人物や出来事に基づいて作られる、ドキュメンタリー風の表現手法)やパロディを作るのが好きで、無駄づくりチャンネルでもテレビショッピング風の動画を作りました。映像も、もっとクオリティの高いものを作っていきたいなと思っています。どの分野のお仕事についても、これからはちゃんと知識を持って、専門性を尖らせていきたいなという目標がありますね。

PAGE TOP

着用モデルはコレ!

本当はスカートを履きたいんですが、冬にスカートとタイツでおしゃれして工房へ来たら木の板に引っ掛けたりして、30分ぐらいでタイツがビリビリになっていたということがあって……。それ以来作業する日はデニムやパンツがほとんど。そんな時にもタフなBABY-Gは頼れます。この時計はパッと見た感じはシンプルで、よく見るとギミック感あふれているところがすごく気に入っています。

藤原さんのSNSアカウント&Youtubeチャンネルはこちら

Twitter
Youtube 無駄づくり

STAFF CREDIT

  • 写真:小倉雄一郎
  • テキスト:阿部洋子
  • 協力:DMM.make AKIBA

PAGE TOP

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

最近チェックした製品