BABY-G Presents Girl's PARTY!

LIFE STYLE

Maybe!×BABY-G タイアップ企画

いまMaybe!が注目している女性クリエイターにお話を聞く、インタビュー企画。憧れのクリエイターが自身のお気に入りのBABY-Gとともに登場し、過去・現在・未来の制作活動について語ります!

With BABY-G Vol.15
ロボティクスファッションクリエイター・メカエンジニア
きゅんくんさん

着ることに意味がある、
新しいロボットのかたちを目指して

きゅんくんさん紹介

1994年生まれ。東京都出身。機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作している。機械設計、電子工作等を自身で行う。高校生の頃より「メカを着ること」を目標にロボティクスファッションの製作を続け、2014年よりウェアラブルロボットの開発を進めている。2014年TOKYO DESIGNERS WEEK 2014「スーパーロボット展」招待展示。2015年テキサス「SXSW2015」にてウェアラブルアームロボット「METCALF」発表。同年 オーストリア「Ars Electronica Gala」招待出演。2016年ウェアラブルロボット「METCALF clione」を発表、「うめきたフェスティバル」にて招待展示。同年 AKB単独公演にて「METCALF stage」を3台稼働。ISIDイノラボ ロボティニティテクノロジスト。
BLOG

PAGE TOP

小学生のころ出会ったロボットに衝撃を受け、開発者を志す

私が将来ロボットを作る人になりたいと思ったのは、ロボットクリエーターの高橋智隆さんの影響が大きいです。高橋さんは最近だと、分冊百科で組み立てられる「ROBI」というロボットなどを作っていらっしゃる方です。私が小学生の頃、高橋さんが「CHROINO」という二足歩行型ロボットを発表されて、それを見て衝撃を受けました。当時の私にはコミュニケーションロボットを作るということが仕事になるという発想がなかったので、すごく驚いたんです。それに、高橋さんは当時実家の自分の部屋や兄弟の部屋を改造して、工具を積み上げてロボットを作っていらっしゃったんですね。それもすごくかっこいいなと思って。それで将来は私もロボットの開発者になろうと思いました。
ファッションに本格的な興味が出てきたのは高校の頃。被服部という服を作る部活に入ったのがきっかけですね。服を作るぞとなった時に、自分はファッションで何を表現したいのかを考えるようになりました。それで、自分の軸はテクノロジーだからやっぱりテクノロジーを表現しようと。それがメカを着る「ロボティクスファッション」を始めたきっかけです。とはいえ、中学生の頃から電子工作はやっていたものの、オリジナルロボットはまだ製作していなかったので、アポロの宇宙服をモチーフにしたものや、サイバーを布で表したような服など、今に繋がるコンセプトのみを表現した作品が多かったですね。

PAGE TOP

ウェアラブルロボットを通して、非言語のコミュニケーションを提案したい

私が好きなロボットって、ロボットアニメに出てくるような人型のものではなくて、実在する産業ロボットなんです。車工場などで塗装や溶接をしているアーム型のあれです! 高校生の頃に展示会へ行ったことがあって、それ以来産業用ロボットに魅了されています。私が作品としてアームロボットをずっと作り続けているのは、それが理由なんです。とはいえ個人で開発するとなると、産業用の大規模なロボットを作るのは難しいし、作れるものがどうしてもコミュニケーションロボット(※会話をするような、人とコミュニケーションを取ることが目的のロボット)寄りになるんですね。でも、私の作品「METCALF(メカフ)」ではできれば非言語的なコミュニケーションをやりたいと思っていて。そこは他のコミュニケーションロボットとはちょっと違うところだと思います。
例えば、ロボットに興味のない人に「METCALF」を着てもらうと、サーボモーターの振動が背中から伝わるので「生き物が近くにいる感じがして、安心する」という感想をいただくことがあります。これは「振動」を利用したコミュニケーションだと思うんです。これが、着てみないとわからない部分であり、着ることに意味がある部分だと思っています。

PAGE TOP

人と関わることが苦手な分、作品が社会への窓口に

なるべく作品のイメージを固定せずに、いろんな顔を引き出せたらいいなと思っているので、最近はAKB48のコンサートで「METCALF stage」という作品を使ってもらったり、重機企業とコラボしたり、いろんなジャンルの方とお仕事することを意識しています。自分一人だけで制作するよりも、ぐっと世界が広がるので。
それから、自分自身があんまり社会に馴染んでいないという自覚があるので(笑)、作品を通して社会に関わりたいなと。社会に関わることをするというのは、苦手な半面一種の憧れがあるんです。そういう意味で、作品が一つの窓口になってくれてよかったです(笑)。

PAGE TOP

これからやってみたいこと

将来的には、今っぽく言うと「ビジネスパーソン」が身につけてかっこいいものも作ってみたいですね。今は女の子のモデルさんに着用していただくものが多いので、それ以外のイメージを作りたいと思っていて。そして、おじいちゃんやおばあちゃんに向けたものも作ってみたいです。と言っても介護用品ではないものを、ファッションとのバランスを見ながら挑戦してみたいです。高齢者の方々の生活をサポートするデバイスにも興味はあるんですが、もし完璧にサポートできるものを誰かが作れたとしても、ハイコストになってしまって多くの人に届けることができないのではないかと思います。ユーザーに介護以外の面でも興味を持ってもらえるようなデバイスの方が広がりがありそうなので、作るときはそこに目を向けたいですね。
今組み立てているのは、黒いアルマイトの塗装をかけた新作の「METCALF」。「METCALF stage」はどうしても期間などの制約でできなかったことがたくさんあったので、まずはそれを一つずつ潰しながら作っていきたいと思っています。腕をモチーフにした作品をあと2作品ぐらい作ったら、次は腕以外をやってみたいですね(笑)。

PAGE TOP

着用モデルはコレ!

ビニールのような、クリアな素材がすごく好きなんです。作品でも使うのですが、透明な素材って通気性もないし、自分で扱うのってすごく難しくて。でも、魅力を感じるのもその部分!だからそれを身につけられるのは私にとってすごくハッピーなことなんです(笑)。私の服は青いものが多いので、差し色にもなるブラックを選びました!

きゅんくんさんのSNSアカウントはこちら

Twitter
Instagram

STAFF CREDIT

  • 写真:小倉雄一郎
  • テキスト:阿部洋子
  • 協力:DMM.make AKIBA

PAGE TOP

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。