BABY-G Presents Girl's PARTY!

NEWS

Girls meet Run with BABY-G
Vol.3 緊急開催。勝手に横浜ハーフマラソン!

ブームの域を超えて、すっかり定着した感のある「ランニング」。どうせ走るなら、楽しく、スタイリッシュに、自分らしく走りたい。そして、いつかは大会にも出てみたい! ということで、走ることに興味アリな女子3人が、フルマラソンにチャレンジすることに。
目標は、2017年10月29日に開催される「横浜マラソン」の完走!……だったのですが、台風22号の接近により、大会はまさかの中止。3人とも当日に向けて練習を重ねてきただけに、残念過ぎる結末です。
でも! 失意に暮れてばかりではいられない。せっかくなので、本来走るはずだったコースの一部を、みんなで走っちゃう?というわけで、緊急開催! 名付けて「勝手に横浜ハーフマラソン」。手元にはもちろん、お洒落なカジュアルウオッチ“BABY-G”!

「勝手に横浜ハーフマラソン」のスタート地点は横浜のみなとみらい大橋。横浜マラソンと同じ場所です。この日の天候は晴れ時々くもり。大型台風が接近した横浜マラソンとうってかわって、穏やかで心地よいランニング日和。3人は軽くストレッチをしてから走り出していきます。

PAGE TOP

PAGE TOP

シュミッツ茂仁香 Monika schmitz

ヨガのインストラクター、ダンサー、モデルとして活躍するアクティブ派のシュミッツ茂仁香さん。横浜マラソンに向けて誰よりもトレーニングを重ねてきた彼女にとって、中止の発表を聞いたときは心底残念に思ったようです。
「横浜マラソンは私にとって初めてのフルマラソン。週に3、4回は走って、当日に備えました。本番を迎えられなかったのは悔しいけど、積み重ねてきた練習は無駄にはならないはず! またいつかどこかのマラソンに出て、今回の無念を晴らしたいですね。BABY-Gは、ランはもちろん、ダンスやヨガ、普段着にも相性抜群。私の毎日に欠かせない相棒になってくれました」

PAGE TOP

吉田麻衣子 Maiko Yoshida

『アンルート 二子玉川』のスタッフであり、同店が主催するグループランのペースメーカーも務める吉田麻衣子さんは、3人のなかで唯一フルマラソン経験者。「4時間切り」という明確な目標を掲げて、それに向けて日々走り込んでいただけに、大会が中止になってしまった悔しさは人一倍だったようです。
「中止の報せを聞いた夜はやけ酒しました(笑)。月間120kmくらい走ったり、時には強度の高い練習をしたりして、4時間どころか3時間50分を切れる自信があったので、とても残念です。来年の3月に別のフルマラソンにエントリーしているので、この悔しさをそこでぶつけてこようと思います! BABY-Gは私にとって新しい出会いでした。一般的なランニングウォッチってゴツゴツしたデザインのものが多いけれど、BABY-Gは見た目がかわいいうえに、軽くてつけ心地もいい。これからも使い続けます!」

PAGE TOP

黄川惠未 Keimi Kigawa

ストリーマーコーヒーカンパニーでバリスタを務める黄川惠未さんにとっても、横浜マラソンは初めてのフルマラソン。日々の練習の成果を発揮できるよう気合いを入れていましたが、残念ながらその思いは叶いませんでした。
「普段は週に2回くらい10~15kmほど走ったり、休日は20kmほど走ったり、横浜マラソンに向けてトレーニングを積み重ねてきました。当日はたくさんの仲間が応援に来てくれる予定だったし、めちゃくちゃ楽しみにしていたのですが……。天候ばかりは仕方がないとはいえ、やっぱり残念ですね。でも、トレーニングを通じて走る楽しさに目覚めたし、素敵な仲間もできたので、これからも走ることを習慣にしていきたいと思います。BABY-Gはランニングにも使えて、ファッションアイテムとして普段も使えて、私の大のお気に入り!」

PAGE TOP

みなとみらい大橋をスタートした3人は、赤レンガ倉庫、馬車道、中華街、横浜スタジアムと、横浜の名所を颯爽と駆け抜けていきます。

PAGE TOP

そしてゴール! 横浜マラソンのコースの一部である約20kmを、笑顔で走り終えました。タイムは2時間ちょっと。フルマラソンなら4時間~4時間半ほどで完走できそうな好タイムです。

さて、全3回にわたってお届けしてきた3人の横浜マラソンチャレンジ企画は、これにて終了です。大会は残念ながら中止になってしまいましたが、目標に向かって日々努力することを通して、走るよろこびを身体で感じることができた彼女たちは、これからもきっと走り続けるはず。そしてまたどこかの大会でリベンジを果たしてくれることでしょう。

PAGE TOP

3人がつけている「BABY-G」は、ランニングやスポーツを愛するアクティブな女性にぴったりの高機能カジュアルウオッチ。走り始めると自動的に歩数計測ができるステップトラッカーのほか、目標歩数に対しての達成率を表示する機能やラップタイムを計測する機能、ナイトランにも役立つLEDなど、便利な機能がいっぱい。スポーツウェアからカジュアルウェアまでどんなスタイルとも相性がいい爽やかなカラーや、薄くて軽くてつけ心地がいいスタイリッシュなボディも魅力です。

(左)¥16,500+税 (BGS-100-1AJF) (中)¥16,500+税 (BGS-100-4AJF) (右)¥14,000+税 (BGS-100-7A2JF)

着用時計

Photo_Ryosuke Yuasa
Text_Issey Enomoto

PAGE TOP

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。