BABY-G Presents Girl's PARTY!

LIFE STYLE

AYANA MIYAMOTO

BABY-G it girls

AYANA MIYAMOTO

20周年を迎えたBABY-Gに、次世代のTOKYOシーンを牽引するフレッシュなit girlsたちからお祝いのメッセージが届きました。ネクストジェネレーションの中でもひときわ輝きを放つ彼女たちの魅力に迫る特集をお届けします。

「自分にしかできないことを発信していきたい」

「BABY-Gは小学校の時にお母さんとお揃いで持ってました」と話す宮本彩菜さん。大学時代にスカウトされ昨年から本格的にモデル活動を開始したばかりというのに、雑誌や広告など各界のクリエイターからラブコールがやまない彼女の魅力は、「モデル」という一言では語り尽くせなそう。映像を制作してYouTubeの“AYANA CHANNEL”に定期的にアップしたり、FacebookInstagramなどのソーシャルメディアを活用して自作のgifやイラスト、写真などを精力的に発信し続ける彼女。その独特な世界観にファンも多いとか。「自分にしかできないことを発信していきたいっていうのは常にあります。誰でも使える機材を使ってやるっていうのがコンセプトで始めたので、映像はiPhoneで撮って、iMovieで編集しています。絵コンテも自分で描いて、本当に勝手にひとりでやっている感じ(笑)。」何かを作ることがとにかく好きという彼女にとって、料理も欠かせないリフレッシュ方法のひとつ。「上京してから、おばあちゃんやお母さんのあの味が食べたいって思うようになって、帰省した時に教えてもらったりして。どうせならきれいに盛りつけたいなとか、食器もこの料理にはこれがいいなとか。そういう感じで、トータルで楽しんでます。最終的に自給自足の生活ができたらいいなって思っていて。事務所の社長の実家が岩手で農業をやられていて、最近そこで勉強させてもらっているんです。農作業をしていると自然とも動物とも少し平等になれる気がするんです。将来は、ヴィンテージデニムでエプロンを作るとか、農業とファッションをミックスさせたこともできたらいいな」。

彩菜さんのMY FAVORITE TIME

愛犬“つくね”と過ごす時間

ペキニーズという種類の犬を飼っていて、名前は“つくね”。全然吠えたりしなくて、犬というより、猫みたいな性格でとにかく可愛いんです。

バスタイム

1時間くらいお風呂には入っていて、お気に入りの小説を読んで過ごすことが多いですね。

岩手で農業をしている時

畑に行った時に感じる生命力みたいなものがとても好き。農作業を一通り終えた後に、小川で鍬とかハサミとかを洗う時間も好きです。

AYANA MIYAMOTO

PAGE TOP

彼女が着用しているBABY-G Basicはこちら

PAGE TOP

宮本 彩菜

モデル

1991年生まれ、大阪府出身。2013年より本格的にモデルとして活動をスタート。『NYLON JAPAN』をはじめ、数々の雑誌、広告などで活躍中。自ら撮影した動画やイラストも話題のマルチな才能を持つクリエイターでもあり、伊勢丹の農業プロジェクトに参加するリアル農業女子でもある。

最近チェックした製品