BABY-G Presents Girl's PARTY!

舞ガール with BABY-G produced
by 美女toダンス
ファンファーレ Vol.3

SPORTS

BABY-Gアンバサダーの RIRIKA、yu-ki.☆、Natsumi の3人組をフィーチャー

三者三様の個性を持った ガールズポッピンダンスチーム、 ファンファーレ。
新たな飛躍の年 となった2019年。
そして、2020年 チームとしても個人としても 目が離せない彼女たちに 話を聞きました。

2019年の夏、ファンファーレは、世界最大級の規模を誇るダンスコンテストJAPAN DANCE DELIGHTの予選大会を勝ち抜き、決勝の舞台へと立った。高校を卒業してから2年連続でJAPAN DANCE DELIGHTの決勝大会にチャレンジしてきた彼女たち。RIRIKAが、2016年11月から2018年4月までアメリカで語学とダンスを修練し帰国後、3年ぶりとなる挑戦だった。結果は、付いてこなかったが、3人それぞれダンスを通して、様々なことを得ることができたようだ。
ダンスの大会以外では、2019年の夏に音楽情報メディアのSpincoasterとコラボした動画『MALIYA「Breakfast In Bed feat.Ryohu(Dance Session)」』が再生回数36万を越え(2020年2月現在)、ダンサーではないファンができるなど、活動の幅を広げる。また、バスケのハーフタイムショーで踊る依頼を受けるなどダンスイベント以外でもショーを展開。4月26日に両国国技館で行われるダンスバトルの大会DANCE ALIVE HERO’Sにyu-ki.☆がファイナリストとして出場、ファンファーレとしてもゲストショーでステージに立つ。ダンスチームファンファーレとしてはもちろん、個々でも活躍する彼女たち一人ひとりに最近のトピックスを語ってもらいました。

RIRIKA :個人的な活動としては、2019年にMISIAさんのダンサーとして日本武道館のステージに立たせていただきました。10月には700名以上の応募があったNIKE × RIEHATA A DANCE PROJECTのメンバーに選ばれNIKEダンサーとして活動しています。年末の紅白歌合戦に嵐さんのバックダンサーとして出演しました。2020年1月1日付の日刊スポーツ新聞の一面に嵐の皆さんとの写真が載ったことからダンサーも1人の出演者として認知される時代が来たか!と友達や先生たちから喜びの連絡をいただき、とても嬉しかったです。活動は主にInstagramを中心に掲載しているので是非チェックしてみてください!

yu-ki.☆ :2019年11月1日に大好きなアーティストであるkan sanoさんのライブで一曲、飛び入り参加で踊らせて頂きました。音楽が繋げてくれて、たくさんある星の中から私を見つけてくださったお陰で、また違う美しい景色が見られて本当に幸せで最高でした。バックダンサーとかではなく、一演者のような形でありのまま踊らせていただき、観客の皆さんもがっつり受け止めて返してくれて、正直夢のようでした。音楽もダンスも”生"だからこそのものがあって、それがたまらなく大好きなのです。映像や音源を遥かに超えてしまって、感慨無量。最高なんですよね。振り付けなどの作品も良いですが、生のダンスの良さをもっといろんな人に届けたいし、これからもこんな機会を頂けるように、邁進していきたいと思っております。

Natsumi :2019年4月から社会人になって、仕事とダンスの両立を頑張ってます。仕事終わりや休日に練習やイベントに参加しています。2019年はファンファーレで仙台や長野など色んな場所へ踊りに行きました! バトルにも出たり、練習に行ったり充実してます! 色んなイベントで踊らせてもらえたりすることは幸せなことだと日々感じてます!

新しい世界へ飛び込もうとNIKE × RIEHATA A DANCE PROJECTにチャレンジしたRIRIKA。RIRIKAを含む選ばれし8名のダンサーは、オーディションを勝ち抜き、リハを経て2019年11月にNIKE HARUJUKUでショーケースを披露した。NIKEのInstagramやアプリで彼女たちの記事が公開されている。yu-ki.☆は、kan sanoの楽曲でダンスした動画を自身のInstagramでアップしたところ、kan sano本人がリポスト。それがきっかけになりkan sanoのライブで踊ることになった。そのライブには、ドイツのフェス主催者も来ており、絶賛だったそうだ。社会人ダンサーとして活動を始めたNatsumiは、学生の頃よりお金と時間に余裕ができ、ダンスライフを楽しんでいる。日本のダンス業界も大会、振付師、舞台など様々なシーンに枝分かれしてきており、社会人ダンサーの活動の場も増えていく。また日本の社会も働き方改革により、自分の趣味に使う時間が増えてきた社会人が改めてダンスをリスタートしたり、企業も社内コミュニケーションや従業員の健康促進のためにダンス部を設立する会社が増えている。

About 2020

RIRIKA :2020年は挑戦したり、自ら踏み出す年。イベントも多くなると思うので積極的に参加していきたいです。海外にも飛び回りたいので色々計画をしています。

yu-ki.☆ :目標は細々とたくさんありますが、理想に近づけるように頑張る! 世界をもっと見に行く! 健康に、優しい心で過ごす!です。それと、やった事のないことにも挑戦したいです。ライブもたくさん行きたいです。

Natsumi :2020年は地方や海外にたくさん踊りに行きたいです! 2019年も色んなところに行きましたが、それ以上にたくさん行動していきます。仕事とダンスを両立してる人ってたくさんいて、自分次第で行動はどうにでもなると思っています! RIRIKAもyu-ki.☆も毎日忙しく頑張っているので、私も負けていられないなぁと。仕事にダンスに遊びに、すべてに全力な1年にします!

yu-ki.☆

Instagram

About BABY-G

私のお気に入りはG-MSです!スタイリッシュでかっこいい。デザインが綺麗で使いやすくてお気に入りです。

RIRIKA

Instagram

About BABY-G

今年でサポートして頂いてから4年目になります!いつもありがとうございます^ ^ 春のモデルもすごく可愛くて、時計をつけて踊るのが楽しみです!

Natsumi

Instagram

About BABY-G

色んなデザインが本当に可愛くて、洋服に合わせて選んでいます!踊ってても壊れないし、防水だから汗をかいても大丈夫!どんな時も着けていられます!BABY-Gのようなタフネスガールになりたいですね!

STAFF CREDIT

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

TAGS

    LATEST CONTENTS

      PICK UP