BABY-G Presents Girl's PARTY!

チームシンデレラ ×  BABY-G コラボ企画
「ゼンリョク女子にエール」
YouTuber
古川優香さん

CULTURE

【さんこいち】として YouTubeチャンネルをスタートし、 親しみやすいキャラクターで、 ティーンのカリスマ的存在の 古川優香さん。
2020年2月にはコスメブランド RICAFROSH(リカフロッシュ)を プロデュースするなど、 幅広く活動している彼女の、 今につながる全力体験と、 頑張りたい女子高生への エールをお届けします!

ファンや家族が一緒に喜んでくれるから頑張れる。

YouTubeやインスタを更新したらコメントしてくれるファンの反応がすごく励みになります。こうやって仕事していく中で自分のやりたかったことを実現できた時に、ファンの子が一緒に喜んでくれるから頑張ろうってすごく思いますね!
あとは家族。お母さんとかおばあちゃんがすごい応援してくれていて、おばあちゃんは私の出る雑誌を買ってくれたり、番組に出るってなると必ず見てくれる。「優香の活躍を見ることが一番の楽しみだよ」って、おばあちゃんが私のYouTubeを毎日見るために、わざわざiPhoneを買ってくれたんです!
そんなに応援してくれるなら、もっと活躍してる姿見せられるように頑張りたいなって思いますね。

今全力で取り組んでいるのは、コスメのプロデュース

YouTubeは、プライベートで何が食べたいとか、何がしたいとか、さんこいちでも楽しんでやっていて、私生活に結びついている部分も大きいんですけど、コスメのプロデュースはずっと前からやりたかったこと!
5年越しの想いが実現したので、すごい頑張りました。自分のファンじゃない子も買ってくれることもあると思うので、使いやすい色や最近流行の色、自分の好きな色などをワガママを聞いてもらいながらうまいこと取り入れてもらい、パッケージも何もかも、しっかりこだわって本気でつくりました。

若いからこそ、思い切った決断を!

高校卒業する時に、大阪で就職が決まっていたんですが、周りの読モの友達に上京する人が何人かいて、すごい葛藤があったんです。でも悩むよりも、まだ若いし好きなことやろうと思って大阪での就職をやめて上京しました。
当時はYouTuberも読モも社会的な認知度は高くなかったので、お父さんにも東京に何しにいくの?って言われたり…、めちゃめちゃ反対されたわけではなかったんですけど、押し切ったって感じでした。今思うと、あの時思い切って行動してすごい良かったなって思います。
みんなも若いし、あとのことは多少気にせず好きなことを優先して、好きなことだけをやったほうがいいと思います。

時計ならカジュアルに着けられる。

女性っぽくなるのがあまり好きじゃないから、私アクセサリーは着けないんです。でも時計だったらカジュアルに着けられていいなって思います。このBABY-Gはちょっとシンデレラっぽいなって思いました。品があるというか、白地にちょっとした可愛らしいアクセントがあるので、意外と服装を選ばずつけられるし、これすごい可愛いです。
あと、今まで家にいる時も携帯パッと見て時間確認することが多かったんですけど、最近は携帯触ることが少なくて、家でアニメ見るとかご飯作ることが多くなりました。高校生は携帯で連絡取り合うっていうのも青春だと思うんですけど、携帯で時間を見たら、何かしらいじっちゃって時間を忘れてしまうと思うので、「時計で時間を見る」っていうのを増やしたら、自分の趣味とか、もっとできることはあるんだろうなって思います。なので腕時計いいですよね!

周りを気にせず自分のやりたいことを。

JKに伝えたいこと…、周りの意見を気にせず、自分のやりたいことをしっかりやろう。携帯はあんまり触るなよ、みたいな感じで(笑)
私がスランプになったときの一つの改善法が、携帯を置いて、それまでと全然違うことをすることです。そうすると、自分がやりたいこととか好きなこととかを見つけられると思います。

古川優香(ふるかわ・ゆうか)
2017年、【さんこいち】としてYouTubeチャンネルをスタート。親しみやすいキャラクターで現在Youtubeのチャンネル登録者数が約70万人、Twitter、Instagramの合計フォロワーは180万人を超え、ティーンのカリスマ的存在。自身初のスタイルブック #てんこもりフルカワ 好評発売中。2020年2月より、コスメブランド RICAFROSHをプロデュース。

HP

Twitter

Instagram

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

TAGS

    LATEST CONTENTS