BABY-G Presents Girl's PARTY!

Maybe!×BABY-G タイアップ企画With BABY-G Vol.39
女優
其原有沙さん

CULTURE

子役としてデビューし、 現在は女優として活躍している 其原有沙(そのはら・ありさ)さん。
「実年齢より若く見られることが多いから、 大人っぽいねって言われるとうれしいです」 という彼女。
18歳の本音を存分に 語ってくれました。
これまでのキュートな印象とは 少し違うお写真にも注目です!

一回何かを始めるとやめられなくなっちゃいます。

ステイホーム中に、お父さんからもらった本をたくさん読みました。その中で原宏一さんの連作短編集『ヤッさん』にハマりました。家と職を失った主人公が、食に関する情報屋をしているホームレスの「ヤッさん」に弟子入りして、いろいろな人と出会っていく物語です。ヤッさんも、出会う人たちも、生き方がすごく面白くて大好き! あとは、100枚入りの折り紙が家にあったので、ひたすら鶴折って過ごしてました(笑)。この間もドラマの再放送を見ながら折ってたら、お昼過ぎから4時間くらいずーっと夢中になっちゃって。小さい頃から、やり始めると止まらなくなっちゃう。ぶっ続けで練習するのも得意です。

転機となった『ウルトラマンR/B(ルーブ)』出演。

前は自分の思ったことを素直に言える子だったんですけど、高校生になってからいろいろ考えちゃうようになって。なぜか急に人見知りも始まりました(笑)。自分の力不足でオーディションに受からない時期が続いて、すごく落ち込んだし、悔しかったな。映画、ドラマを観るたび「こういう役やりたいな」って夢が膨らんで、苦しくなってました。そんなときに『ウルトラマンR/B(ルーブ)』への出演が決まって、希望が見えたんですよね。クランクアップの時には、監督に「お芝居続けてね」と背中を押してもらえました。できるところまでお芝居を続けたいな。

実力をつけて、役を勝ち取っていきたい。

この前、部屋を掃除してたら、中学時代の英語の授業プリントが出てきたんです。私、「将来の夢」の欄に「ビッグアイドル」って書いてたんですよ。本当に恥ずかしくて、ひとりで「きゃー!」ってなっちゃった(笑)。今やっているお芝居というお仕事は、自分で役を勝ち取らないと、演技を見てもらう機会すらないんですよね……。以前よりも実力をつけなきゃ、もっと頑張らなきゃなって思います。

どんな環境でも眠れます。

リラックスするのが得意なのか、本っっ当にすぐ寝ちゃいます。美容院では頭がガッタンガッタン揺れちゃって、美容師さんが頑張って頭押さえながら切ってる……。満員電車では立ったまま寝てます。膝がガクってなったときは「やばい!恥ずかしい!」って思いますね。すぐ素知らぬふりして立て直してます(笑)。動画を見ながらヨガをやっていたときは「呼吸を整えましょう」って聞こえたと思ったら寝ちゃって……気づいたときには動画が終わってました。ドラマ撮影の楽屋でも寝てたなあ。スタッフさんの「はいじゃあ有沙さんいきますよー!」って声で目覚めて、次の瞬間には現場に戻ってました。

10年後は自分らしくいたい。

性格的に、明るい役のお芝居をやると、演技というより“自分”になっちゃうんですよ。もちろんそういう役も楽しいんですけど、自分と正反対の、スイッチをガラッと変えないとできないぞ! っていう役に挑戦してみたいです。例えば、誰にも頼らないで生きてきた一匹狼とか。10年後は、肩の力を抜いて、自分らしく楽しく生きていられたらいいなって思います。周りの人も幸せにできてたらいいな!

着用モデルはコレ!

服はモノトーンで締めて、この時計を差し色として使ったらすごく可愛いだろうなと思いました。もちろん、BABY-Gのイメージっぽくスポーティーでカジュアルな服にも合うと思います。まだ免許は持ってないんですけど、車が運転できるようになったらドライブにつけていきたいです!

其原有沙(そのはら・ありさ)
女優。2001年東京都生まれ。2歳の時にスカウトされ子役デビューし、女優に。『ウルトラマンR/B(ルーブ)』、舞台『鬼滅の刃』などに出演。「時間に追われるのが嫌なタイプ。余裕を持って家を出たいし、準備にはけっこう時間がかかるので、毎朝7時に起きてます」。

Twitter

※表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。

TAGS

    LATEST CONTENTS