BABY-G Presents Girl's PARTY!

アクアプラネットコラボモデル発売記念女優、タレント、 アクアプラネット理事長 田中律子さん インタビュー

NEWS

女優、タレントの田中律子さん (以下律子さん)が代表を務める
サンゴ保全団体 「NPO法人アクアプラネット」との
最新コラボレーションモデルが 発売開始!
第4弾目となる 今回のコラボレーションに 関してや、
律子さんの海への想い、 沖縄での環境保全活動について
お話を聞かせていただきました。

子供の頃から感じていた、沖縄との繋がり

初めて沖縄に来たのは、14歳の時。人生初のスキューバダイビングを経験し、沖縄の海に魅了されました。その後18歳でダイビングのライセンスを取得してから毎年訪れるようになりました。 私は東京出身ですが、いつも沖縄を自分の故郷のように感じていたのを覚えています。沖縄への移住は10代の頃からの夢でした。

忙しい毎日の中で「自然に触れる」ことの大切さ

最近、沖縄にいること自体が最高のリラックス法だなとつくづく感じています。
山で遊んだり、砂浜を1人で歩いたり、海でヨガをしたり……。少しでも自然と関わる時間を作ることで悩みや不安な気持ちが急にちっぽけに感じるというか、心が洗われる気がします。
この沖縄の時間があるからこそ、オンとオフをしっかり楽しめているのだと思います。

海と共に生き、支え合う

沖縄に来てから、自分が自然と共存しているということを日々実感するようになりました。
自宅の目の前にも海が広がっていて、毎日海と一緒に生活しています。朝サーフィンに行く時も、天気や風向きなどを読んでから出発するので、沖縄に来てから自然の動きにとても敏感になったなと感じます。
また、実際に海の前に住んでいるからこそ、自分の日常生活が自然に及ぼす影響についても気が付くようになりました。最近は、洗剤や日焼け止めなど海水に直接影響のある日用品は出来る限り環境負担の少ないものを選ぶように心がけています。

想いが繋ぐアクアプラネットの活動

私が代表を務めるサンゴ保全団体アクアプラネットでは、サンゴの移植を中心とした海洋環境改善活動を行っています。サンゴの破片を使用して育てた苗をダイバーが一人ひとり手作業で養殖し、沖縄諸島の海洋生態系の再生に貢献しています。活動開始から15年目となる今年は、何か更に特別な活動が出来たらと思い現在計画中です!
また、最近はクラブハウスなどでも発信させてもらっているおかげで、多くの方々からのご支援をいただき、サンゴの養殖支援事業「3935(サンキューサンゴ)プロジェクト」の規模もこれまでにないほどに大きく広がっています。この活動にはCASIOさんにもご参加いただいていて、アクアプラネットが育成しているサンゴ畑の中にはCASIOさん専用の畑もあります!

サンゴの再生活動を通じたSDGsへの貢献

最近よく耳にするSDGsですが、アクアプラネットの活動はこの目標の達成にも大きく貢献しています。
現在、海洋生物全体の約25%がサンゴ礁に生息していると言われており、サンゴ礁の消滅は地球の生態系に大きな影響をもたらします。海の森林とも言えるサンゴを保全、再生することで、サンゴ礁周辺の生き物を守ると共に、地球全体の食物連鎖を支えています。さらに、サンゴに生息する植物の一種である褐虫藻は二酸化炭素を吸収し酸素を放出する役割を果たしています。サンゴの増加は海中の酸素濃度の増加、すなわち気候変動対策にも繋がります。

海の声を届けたい

サンゴの減少化においての一番の課題は、その認知度の低さにあると考えています。
森林伐採などと違って人の目に付かない場所で起こっている問題なので、問題自体に気が付かない方が多いのが現状です。日常で海に入る機会がない方々に、どうこの問題を発信していくかが大切だと思っています。
今後は、自分のYouTubeチャンネルでの動画配信など視覚に訴えるアプローチをしていきたいと考えています。また、アニメや絵本を使用した次世代への教育活動にも積極的に取り組みたいです。

念願のピンクカラー!環境保全に配慮したデザイン

第1弾目のコラボレーションの時から作りたい!とリクエストしていたのが、このピンクカラーの時計。今回念願の夢が叶い、とても嬉しく思っています。BABY-Gらしいポップなカラーで、焼けた肌に着用してもとても可愛いですよね。文字板部分にはサンゴ礁の住人のヤドカリが描かれていて、サンゴ礁を取り巻く生態系について少しでもお伝えできたらと思いこのデザインを選びました。
また、今回のパッケージはCASIO初の取り組みの完全プラスチックフリーとなっていて、環境にも優しいサステナブルな商品です。近年海中のマイクロプラスチックの急増が問題視されているので、こうした小さな積み重ねもとても重要だと思います。

BABY-Gはマリンスポーツにも最適!

今回のビビッドなカラーは、夏シーズンにぴったり!ヨガウエアなどにも合わせやすいデザインですよね。バンドも柔らかくて腕にフィットしやすいので動きやすく、私もヨガやSUPレッスンで毎回愛用しています。今回のコラボレーション動画もそうですが、時間管理が必要なマリンスポーツには最適ですね!
また、BABY-Gは10気圧以上の防水機能を搭載しているのでスキューバダイビングにもぴったり。アクアプラネットのサンゴ移植活動でも使用しています!

特設ページはこちら

PROFILE

田中律子

タレント、女優。1971年東京都生まれ。2012年に沖縄へ移住し、現在は東京と沖縄を行き来する二拠点生活を送っている。自身が代表を務めるサンゴ保全団体「NPO法人アクアプラネット」では、沖縄諸島でのサンゴの移植、養殖活動を行なっている。趣味はサーフィン、ヨガ、スキューバダイビング。

田中律子 公式HP

田中律子 公式YouTube

アクアプラネット公式HP

STAFF CREDIT

TAGS

    LATEST CONTENTS