スタイリスト小山田早織さんがレクチャー!
G-MSが主役のオフィスコーディネート

この春は、どんな時計とともに、 どんな服を着て過ごしますか?
G-MSはアクティブで洗練された 大人の女性のためのウオッチ。
そんなG-MSと過ごす春の オフィスコーディネートを、 働く女性から熱烈な支持を集める
スタイリスト・小山田早織さんに 教えていただきました。
小山田さんの セルフスタイリング&メイクによる 大人カジュアルな着こなしは、
明日からすぐに 取り入れられそうです。

オールブラックのウオッチに合わせて、全体をモノトーンにまとめたジャケットスタイルです。ハンサムなジャケットには、タイトスカートを合わせてフェミニンな要素をプラス。ビッグフェイスの時計はちょっと視線を落とすだけでスマートに時間が確認でき、ビジネスシーンでも相手に気をつかわせずにタイムマネージメントできるので重宝しています。

重たく見えてしまうこともある黒い時計。でもフェイスの大きさが絶妙で、何よりつけ心地が軽いので、女性でも気軽に着けこなせます。仕事もストレスフリーにできそうです。

ビッグサイズのストライプシャツを主役にしました。袖をくしゅくしゅとまくって着崩し、その上でクリーンなクロップド丈のパンツを合わせることで、きちんと感がありつつも力の抜けた、余裕のある大人の雰囲気に。シャツのストライプのピッチが少し太めでメンズライクな印象なので、ヒールで女性らしさを足しています。

ツヤと輝きのあるこちらのウオッチはアクセサリー感覚で。シルバーメタルに合わせて、フープピアスもシルバーをチョイスしています。ウオッチとアクセをリンクさせることで、統一感が生まれます。

ピンクゴールドがアクセントのウオッチにインスピレーションを受け、ピンクのパンツを主役にしたコーディネートにしました。ピンク系のスタイリングは甘くなりすぎてしまうことがありますが、潔よくホワイトのブラウスを合わせることで、かっこいい着こなしに。足元はパイソン柄のヒールで、さりげなくトレンドを取り入れています。

シルバーの中に印象的に使われたピンクゴールドが、優しげ&フェミニンな雰囲気。フェイスが小ぶりなので、ビッグフェイスの時計はメンズっぽくなりすぎて苦手という方にもオススメです。

profile

スタイリスト 小山田早織(おやまだ・さおり)

Instagram

2009年独立。雑誌や広告を中心に、ファッションショーや有名タレントをスタイリング。その他、ブランドのディレクションやコンサルティングも手掛けるなど、その活動は多岐にわたる。日本テレビ「ヒルナンデス!」への出演で、全国区の知名度に。ワーキングマザーとしての顔も持ち、多くの働く女性から支持を集めている。著書に『身の丈に合った服で美人になる』『もう通勤服に悩まない』(ともに講談社)などがある。

Amazon

『身の丈に合った服で美人になる』

『もう通勤服に悩まない』