スタイリスト 小山田早織さんがレクチャー!
G-MSが彩る、 リアルに使える春のON&OFFコーデ

日に日に気候が 春めいていく今の時期。
早く分厚いコートを 脱ぎ捨てて、 軽やかな装いを 楽しみたいもの。
まずはウオッチを 主役にしたフレッシュな 着こなしで春気分を 取り入れてみては?
アクティブで 洗練された大人の 女性のためのウオッチ・ G-MSから インスピレーションを 得たスタイリングを、
大人の女性から 大人気のスタイリスト・ 小山田早織さんが レクチャーします!

①お仕事コーデ

ロゼのようなピンクゴールドと、シルバーの配色のフェミニンな印象のウオッチのイメージを生かして、白とベージュのワントーンで作った春らしいスタイルです。白とベージュのワントーンコーデは甘い印象になりがちなので、あえてセンタープレスのパンツを履くことでシャキッとしたオンスタイルの印象を作っています。

フェミニンな配色に対して、八角形のベゼルがかっちりしているので、オフィスシーンでも凛とした印象を作ってくれそう。信頼感がありながらも、程よい女性らしさとおしゃれ感が演出できるウオッチだと思います。色がミックスされているので、合わせるアクセサリーの色を選ばないのも嬉しいポイントです。

②ちょっとしたお出かけ

コーディネートのトーンをちょっと明るくしたい時におすすめなカラーがグレー。春先のちょっとしたお出かけにも活躍してくれるパステルカラーを、甘すぎずシックにまとめてくれるので大人の方にぴったりの色味です。今回はラベンダーのジャケットを合わせました。品よく肌見せするのも、春のファッションの楽しみ方。スリットの入ったデニムスカートに、足元は白いパンプスでクリーンに。

柔らかい色味のブラックのベルトは春服との相性がGOOD。フェイスのピンクゴールドは、ラベンダーともマッチします。程よいラフさがあるカジュアルなラバーベルトは気兼ねなく使え、さらにピンクゴールドの贅沢な輝きのおかげできちんと感も。一石二鳥なウオッチです。

③公園へ

インディゴデニムとホワイトのブラウスを組み合わせた、ピクニックへ行きたくなるような爽やかなスタイリング。ネイビーとシルバーのウオッチを合わせて、コーデとリンクさせました。シルバーのベゼルにキラキラした輝きがあるので、これだけで手元のアクセサリーはOK。パールのような上品なアクセサリーともマッチします。

ネイビーとシルバーのハンサムなカラーリングながら、フェイスの中のピンクゴールドがシンプルなスタイリングの時のアクセントに。ベーシックスタイルにも花を添えてくれます。機能的なのに小ぶりなサイズ感は、女性の手元を華奢に見せてくれそう。メンズライクすぎるのが苦手な方にもお勧めしたいですね。

profile

小山田早織(おやまだ・さおり)

Instagram

2009年独立。雑誌や広告を中心に、ファッションショーや有名タレントをスタイリング。その他、ブランドのディレクションやコンサルティングも手掛けるなど、その活動は多岐にわたる。日本テレビ「ヒルナンデス!」への出演で、全国区の知名度に。ワーキングマザーとしての顔も持ち、多くの働く女性から支持を集めている。著書に『身の丈に合った服で美人になる』『もう通勤服に悩まない』(ともに講談社)などがある。

STAFF CREDIT

  • Photo:須藤敬一
  • Text:阿部洋子

TAGS