ヘア&メイクアップアーティスト 林由香里さんがレクチャー!
トレンドテクを使った、 秋のITメイク

この秋のメイクは、 フレッシュな カラー使いに注目!
その人自身の魅力を引き出し、 トレンドのエッセンスを 加えて洒落たムードを作る、 大人気ヘア&メイクアップアーティスト 林由香里さんに、 今シーズンのHITメイクを 伺いました。
働く大人の女性に向けた ウオッチG-MSから インスピレーションを受けた 3つのメイクは、 旬顔になれるテクニックが満載。
明日から取り入れてみて!

注目カラー・モーヴピンクを使ったスモーキーメイク

秋とはいえ、まだまだ暑い日が続きますよね。そんな時は、重たくなりすぎないくすみカラー、モーヴピンクがおすすめです。秋冬の定番カラー・ブラウンよりもこなれ感があり、ピンクといっても紫がかっているので大人でも使いやすいです。

ノースリーブトップス¥5,900・カーディガン¥8,173(バナナ・リパブリック)、リング、ピアスはスタイリスト私物

モーヴピンクのアイシャドウをアイホールに広めに入れます。二重幅にさらに重ねて、奥行きを。下まぶたにはそれより軽めのラメ入りモーヴピンクをオン。テクスチャーの違いでメリハリが生まれます。
チークはトーンを合わせて、ピンクブラウンをチョイス。今シーズンは、マスカラで目元を際立たせるメイクがトレンドに戻ってきています。ビューラーでまつ毛をソフトに上げ、マスカラを上下にたっぷり塗るのが今っぽいですね。カラーは柔らかさのある、黒めのブラウンにしています。ツヤのあるモーヴピンクのリップは、きちんと縁を取って塗るのがコツ。ヘアをタイトにセットすれば、モードな表情に。

彩度とツヤが決め手!トレンドテクを使った秋メイク

今シーズンは彩度の高い華やかなカラーのリップがトレンドの仲間入り。明るめの色を指でポンポンっとつけるだけで、すごく新鮮な印象に。その分目元はカラーレスに仕上げて。ウェットなテクスチャーのツヤを仕込めば、垢抜けたこなれ顔になれますよ。

シャツ¥9,000、スカート¥11,000(ともにUngrid)、ピアスはスタイリスト私物

アイホールにベージュのアイシャドウをオン。ウェットなテクスチャーのイルミネイターやアイシャドウでツヤを足すと、大人可愛く仕上がります。今季はアイライナーよりもマスカラで目元を引き締めるのがトレンド。上下のまつ毛にブラックのマスカラをたっぷり塗りましょう。
リップはヘルシーなフレッシュレッドを指でラフにポンポンっと置いて。彩度の高いカラーでも、ソフトマットなものを選べば強くなりすぎません。シックなお洋服に、リップだけがバツンと目立つスタイルは今っぽいですね。チークはブラウンをチョイスして、大人っぽく仕上げました。

シック&モードなハンサム通勤メイク

秋冬はどうしてもお洋服がダークトーンになり、重いイメージになりますよね。スーツやジャケットスタイルならなおさらです。そんな時は、キラッとした輝きが仕込まれたカーキメイクがおすすめ。ネイビーのアイラインをアクセントにした、爽やかな通勤メイクです。

ジャケット¥17,000(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)、ピアス¥40,000(エナソルーナ)、Tシャツはスタイリスト私物

ゴールドのラメがたっぷり入ったカーキのアイシャドウを二重幅と、下まぶたの目尻に。アイラインは青味の強いネイビーをチョイス。目の幅まで、短めに入れることで、きつい印象にならず抜け感が生まれますよ。眉毛は存在感が出るよう、長め&太めに描いています。目元と眉毛をキリッとさせると、周りに信頼感を与える印象が作れるんです。普段はアイラインまで引かないという方もいるかもしれませんが、お仕事の時こそおすすめのテクニックです。
チークは彩度が高めのフレッシュコーラルを全体的にふわっと入れ、クールな中にも暖かみを。リップはヌーディに。きちんと感もあり、会社でも気兼ねなく塗り直せるコーラルベージュにしています。

ショップリスト

  • バナナ・リパブリック 0120-77-1978
  • ノーク 03-3669-5205
  • Ungrid 03-5447-6531
  • エナソルーナ https://www.enasoluna.com

profile

ヘアメイクアップアーティスト 林由香里(はやし・ゆかり)

Instagram

1985年生まれ、長野県出身。日本美容専門学校を卒業後、美容師として3年半サロンに勤務。その後ヘア&メイクのアシスタントを経て、2011年に独立。リアルな中に、トレンドが香る「真似したくなるメイク」は多くの女性から支持を集める。セレブリティからのご指名も多い、今最も勢いのあるヘア&メイクアップアーティスト。

STAFF CREDIT

  • Photo:花村克彦
  • Stylist:川瀬英里奈
  • Model:大塚まゆか(BRUTUS)
  • Text&Edit:阿部洋子